ゲーム依存症対策の賛成意見が気になる!ネット上の反応や感想まとめ

ゲーム依存症対策の賛成意見が気になる!ネット上の反応や感想まとめ







インターネット上では香川県のゲームやスマホ依存症対策に関する県条例素案について、反対意見が多数飛び交っています。

賛成意見側としては「深夜の利用時間制限」「ゲーム好き以外も依存症にさせている環境をなくす必要がある」「大人が公共の場でゲームをするのはみっともない」などの意見があるようです。

どりこ
どりこ

賛成している人たちはどんなことを考えているんだろう?

この記事では「ゲーム依存症対策の賛成意見が気になる!ネット上の反応や感想まとめ」と題して、ゲーム依存症の賛成意見を持った人たちの考えをネット上の書き込みをまとめてみました!

ゲーム依存症対策の賛成意見が気になる!ネット上の反応や感想まとめ

ゲーム依存症対策の賛成意見が気になる!ネット上の反応や感想まとめ

ゲーム依存症対策の条例に賛成している人の意見を整理しました。

  • 子供が心配
  • 大人がゲームをするのはみっともない
  • 重課金を防ぐ必要がある
  • ゲーム以外の楽しみを見つけて欲しい
  • スマホ依存による健康被害が心配

しかし、今回の香川県の条例の素案は、高校生以下を対象としているため賛成派の意見の中には当てはまらないものもありますね…。

参考までにここで香川県の条例素案の情報を記載しておきます。

関係者によりますと、素案にはゲームの利用などについて、高校生以下の子どもを対象に1日あたり平日は60分、休日は90分に制限するとともに、夜間の利用は高校生は夜10時以降、小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降、制限することが盛り込まれるということです。

こうした制限には、いずれも罰則規定はありませんが、子どもたちに守らせることを保護者や学校の「責務」として明記するということです。

引用元: 香川 NEWS WEB

発表された内容を踏まえた上で、実際のゲーム依存症対策に関する賛成意見を見ていきたいと思います。

インターネット上で賛成意見を調査してみましたが、香川県議会の意見にそのまま賛成している人は見つかりませんでした。

方向性として支持する声はあったものの、条例で制限するのはやりすぎではないかという声が多かったですね。

賛成側の意見をまとめるとこのような結果になります。

  • 依存症のガイドラインを作成することには賛成
  • 子供を依存から守る動きには賛成

個人的には依存症と判断するポイントも重要ではないのかと考えています。

時間を制限しただけでは根本的な解決には結びつかないのではないかと…。

なんにせよ、香川県議会の今後の動きには注目が集まりそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です