ジョン・フルシアンテの現在の姿とレッチリ復帰理由は?脱退理由も!

ジョン・フルシアンテの現在の姿とレッチリ復帰理由は?脱退理由も!

ジョン・フルシアンテがレッチリに復帰するという発表がありました!

ネット上は、朝からファンの皆さんの喜びの声で盛り上がっています。

ちなみにジョン・フルシアンテの現在の姿はこんな感じ。

レッチリに復帰する理由としてはバンドメンバーのフリー曰く「自然な現象」とのこと。

どりこ
どりこ

ロックグループらしい言い回しかもね!
もっと詳しく教えて!

今回は「ジョン・フルシアンテの現在の姿とレッチリ復帰理由は?脱退理由も!」と題し、ジョン・フルシアンテさんの現在の姿とレッチリに復帰する理由と脱退理由について調査しました。

【画像あり】ジョン・フルシアンテの現在の姿は?歯はある?

レッチリを脱退し10年。

ジョン・フルシアンテさんの現在はいったいどうなっているのでしょうか?

ここでは、ご本人のSNSから最近の姿としていくつかの画像を紹介したいと思います。

View this post on Instagram

@davenavarro

A post shared by John Frusciante effects (@jfeffects) on

お元気そうですね!

写真を見る限り、思ったよりも若々しく人生を楽しんでいる感じがします。

歯並びもきれいに整えられていて、清潔感も感じられますね!

2009年にレッド・ホット・チリ・ペッパーズを引退してからも、アーティストとして活躍されていた様子が伺えます。

以前とは違った音を聴かせてくれるんじゃないかと今からワクワクしてしまいます!

ジョン・フルシアンテのレッチリ脱退理由と復帰理由は?

今回ジョン・フルシアンテさんは、自身のSNS上でレッチリへの復帰を発表しました。

そもそも、ジョン・フルシアンテさんが2019年にレッチリを脱退した理由は「音楽性の違い」だったと言われています。

メンバーの誰かと喧嘩したり、金銭面のトラブルがあったというわけでもありませんでした。

ここでジョン・フルシアンテさんとレッド・ホット・チリ・ペッパーズの今までの関係性をまとめてみたいと思います。

  • 1992年
    • 1回目の脱退
    • 薬物・精神的病
  • 1999年
    • 1回目の復帰
    • 薬物中毒・病を克服
  • 2009年
    • 2回目の脱退
    • 音楽性の違い(円満)
  • 2019年
    • 2回目の復帰
    • 復帰理由は未だ語られず

1回目の脱退理由とは異なり、割と復帰しやすい環境だったと推測できますね。

復帰した理由は公式には語られていませんが、フリーさんのSNS上のコメントによると「自然な流れ」だったとのこと。

ヤニック、本当にありがとう。

俺もジョシュとのアルバムが好きなんだ。

ジョシュは素晴らしいよ。

素敵な人だしね。

そして、そう、ジョンが戻ったんだ。

自然な力がはたらいて、波がきたんだ

引用元:NME.JAPAN

ジョン・フルシアンテさんの復帰に対するファンの反応

おわりに

今回は「ジョン・フルシアンテの現在の姿とレッチリ復帰理由は?脱退理由も!」と題し、ジョン・フルシアンテさんの現在の姿とレッチリ復帰理由、2度の脱退理由について調査しました。

復帰後がどんな仕上がりになっているのか不安に感じている人もいましたが、そんな声を吹き飛ばすパフォーマンスを見せてくれることでしょう!

ちなみに、この記事を読んでジョン・フルシアンテさんの音楽が聴きたくなってしまった!という人は、レコチョクがおすすめです。

1曲単位でダウンロードが可能なので、気に入った曲だけを購入することができますよ♪

\今すぐクリック/

レコチョクをおすすめする理由

  • 日本最大級の楽曲数
  • 洋楽はもちろん邦楽も豊富
  • 試聴が無料
  • 月額料金無料

ちなみにこのサイトでは、この記事以外にも芸能関係の情報を多数取り扱っています。

「なるほどねー」「そうだったんだ!」と感じてもらえる記事をたくさん用意していますので、是非合わせて読んでみてくださいね!

\オススメ記事/

どりこ
どりこ

最新情報はTwitterで配信中!
フォローしてね♪
https://twitter.com/doriko29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どりこ

競馬歴は15年!馬好きママのどりこです。このサイトは競馬初心者の女性(UMAJO)が競馬に親しみを持っていただけるような、わかりやすい記事作りをモットーとして運営中です。一緒にハッピー競馬ライフを楽しみましょう!